テーマ:長周期地震動と免震構造の対応 -東京理科大学での17年間の研究を振返って-
講師:北村春幸 先生( 東京理科大学 )
日時:平成30年1月15日
概要:

日建設計で構造設計に25年間携わり、2001年4月に東京理科大学・教授に就任された。2003年の十勝沖地震を契機に、長周期地震動と超高層建物や、免震・制振構造の耐震性能評価と対策が北村研究室の研究テーマとなった。免震構造を対象に行った長周期地震動対応策について下記の様な視点から解説していただいた。
・長周期地震動をエネルギースペクトルと応答スペクトルとの対応から評価した単位地震動の反復数f値について
・免震構造を対象に、エネルギーの釣合に基づく応答評価法の長周期地震動への適用方法について
・長周期地震動による、減衰性能を持つ積層ゴムやダンパーの特性の変化(繰り返し依存性)について