Earthquake Engineering Network & Information eXchange

研究会のお知らせ

  • HOME »
  • 研究会のお知らせ

第110回 耐震工学研究会

第110回の研究会を12月23日(木)に開催します。COVID-19への対応としてオンライン・ミーティング研究会を開催します。
参加を希望される方は、e-mailに(1)お名前、(2)所属、(3)連絡先e-mailアドレス、(4)JSCA建築構造士評価の証明書が必要かどうか、の4点を明記して事務局までご連絡下さい。(e-mail: eenix@eenix.gr.jp)
受付完了後にミーティングへの参加情報をお送りします。

日 時:令和3年12月23日(木)17:00~18:30

講師:聲高 裕治(京都大学 教授)

テーマ:鋼構造骨組の耐震設計におけるデマンドとキャパシティ

概要:鋼構造骨組を構成する部材や接合部が終局状態を迎えるまでの保有性能(キャパシティ)と、大地震を受けたときに部材や接合部に要求される性能(デマンド)を概説し、耐震設計におけるデマンドとキャパシティの関係について講述していただきます。

参加費:無料
開催方法:オンライン・ミーティング

申込先:eenix@eenix.gr.jp
(1)お名前、(2)所属、(3)連絡先e-mailアドレス、(4)JSCA建築構造士評価の証明書(必要・不要)を明記してください

後援予定:(一社)日本建築構造技術者協会(JSCA)
※JSCA建築構造士評価対象

※1 会員以外の方で、継続的に研究会への参加を希望される方は登録会員(個人・法人)への申し込みを併せてお願いいたします。 なお、テーマや講師については変更することがあります。

PAGETOP
Copyright © 耐震工学研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.